LINK
何年か前までは太陽光発電ってどうも現実的じゃないなと感じてい単ですが、ここ1〜2年、車で走っていると太陽光パネルを屋根に取り付けた家が増えていることに気づきました。ああ、あの家も太陽光発電やってるんだー、あ、あの家も。。目で見て実感できるほど増えているんですね。改めて考えると驚きです。太陽光発電で家の電気をまかなって、余った電気は売ることもできる(売電)って言うことや、設置するにあたって補助金が出るらしいということも何となくは知っているんですが、あまのじゃくな私は、本当に太陽光発電ってみんなが言うほどのメリットがあるの?ってちょっとギモンです。太陽光発電のメリットを挙げると、電気代が少なくて済むこと、環境に優しいこと(原発やその他の発電所を利用しないから)、余った電気を売って収入を得られること、あ、停電の時も安心ですね。こうして見ると太陽光発電メリットたくさんありますね〜。でもメリットのたくさんある太陽光発電だけれど、お金かかります。ソーラーパネル1枚でも相当高いみたいだし、設置している家をみると、大体15枚くらい乗せてる家が多いみたいですから、いくら補助金が出ても相当な額になるはず。いくら売電できても、かかった費用を取り戻すまで時間がかかるんじゃないかなあ。あと、もしも壊れたりしたら修繕費も高そう(>_<)なので、我が家としては太陽光発電、まだ導入には時間がかかりそうです。